C’BON(シーボン)でエイジングケア

女性とは年齢を重ねることでどうしても肌のシミやくすみなどが感じられてしまいますが、それらはスキンケア用品によって防ぐことは十分に可能です。これはエイジングケアと呼ばれており、C’BON(シーボン)のエステや化粧品はこれらをサポートしてくれます。こちらではC’BONのエステや化粧品に含まれる成分や効果について解説いたしましょう。これによって女性はいつまでも美しい肌をキープすることが出来ます。

■美白をサポートする有効成分
C’BON(シーボン)のエステや化粧品を使用することでエイジングケアになり、これによっていつまでも美しい肌と白い肌をキープすることが出来ますが、そこにはどういった有効成分が含まれているのでしょうか。

肌にダメージを与える要因はさまざまですが、中でも大敵とされているのは日光でしょう。若い時であれば問題ありませんが、年齢を重ねてしまうと色素が沈着してしまい、それがシミやソバカスの原因となってしまうのです。そのため、こちらのエステや化粧品ではグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。これには抗炎症作用がありますので、日焼けによって受けたダメージを回復させる効果があるのです。これによって肌荒れをブロックすることが出来ます。

そして、美肌を作るにはビタミンが欠かせませんが、こちらには2種類のビタミンCを配合しています。これによって時間差でビタミンCが作用しますので、長時間に亘って肌に栄養を与えることが出来るのです。

■肌のうるおいをバリアで守る
人間の肌は常にうるおいを作り出していますが、年齢を重ねることですぐに乾燥してしまいます。そのため、うるおいを守るためのバリアが欠かせません。C’BON(シーボン)にはシーグラスエキスとチンピエキスが含まれており、これらはうるおいを守るバリアとなっているのです。これによって肌がいつまでもみずみずしい透明感を持ち、キメを整える効果もあります。

そして、年齢を重ねることで肌が乾燥しやすくなり、ハリや弾力も失われてしまいます。こうなってしまうと若々しさも失われてしまうのです。そのため、C’BON(シーボン)の化粧品やエステではサンゴ草抽出液を使用しており、これによって肌にハリと弾力を与えることが出来ます。さらに、紫外線も肌にとって大敵ですが、これらの成分は紫外線から肌を守る効果もあるのです。

■肌内部の反射光をサポート
若々しく美しい肌とはどういった肌なのでしょうか。C’BON(シーボン)は肌内部の反射光に注目しました。若い肌は内部で光がスムーズに反射しており、これによって肌が若々しく見えるのです。しかし、年齢を重ねた肌は内部での反射がスムーズに起こりません。そのため、エステや化粧品を通じて肌内部の反射光をサポートしているのです。

肌内部に反射光を作り出すことで若々しい肌になるだけでなく、ハリや弾力にもつながっているのです。そのため、C’BON(シーボン)のように反射光をサポートすることで肌のエイジングケアになり、光を放つような肌に変身出来ます。

C’BON(シーボン) – Wikipedia