C’BON(シーボン)の秘密

いつまでも美しく。それは多くの女性が持つ憧れ。その憧れを現実のものにすべく、多くの人があらゆる取り組みを行っています。そして、そのサポートを行う化粧品会社の存在も忘れるわけにはいきません。どのような企業がどのような特徴を持っているのかを把握することによって、自分の肌に良い影響を与えるとも言われることがあります。今回はC’BON(シーボン)についての記事を書きました。是非最後までお読みください。

■お客様相談窓口について
プロによるエステを併用することで、より肌へのアプローチを的確なものにする化粧品メーカーC’BON(シーボン)。こちらでは、顧客満足度を高めるために20年以上前からお客様相談窓口を設置しています。毎月2万件以上の意見が寄せられる中で、その1つ1つが財産だという認識を持っています。そのため、会社全体で共有し、サービスの質や顧客満足度を高めているのです。

そのなkの口コミには、「気持ちが和むサロン」や「立派なベッドでゆったりとしながら手入れをしてもらい、贅沢な時間を過ごすことができた」というサロン自体のクオリティに言及しているものもあれば、「理解していないシステムについて、親身にアドバイスをしてもらうことができた」というスタッフの対応に触れているものもあります。

■研修施設で知識と技術を磨く
お客様満足度を100%にするという壮大な野望を持っているC’BON(シーボン)。そのため、神奈川県川崎市には研修施設である「シーボンパビリオン」が設立しています。ここではエステティシャンの育成を行うために講師が徹底して講習を行なっています。知識だけではなくマナーや東洋式のフェイシャルケア技術を習得するための取り組みがされているのです。

具体的にはどのような講習がおこなわれているのでしょうか。まず、新人は入社してから半年間で4回の合宿を受講します。受講内容は人間の皮膚や製品の基礎知識、顧客に対して満足感を与えるマナー、会社の歴史など、覚えることが山のようにあるのです。さらに、このような講習はベテランスタッフでも行われます。このようなブラッシュアップ講習を行うことによって、より技術に磨きがかかるのです。

■すべては顧客の満足のために
C’BON(シーボン)は化粧品メーカーでありながらエステサロンも運営しており、その2つの効果で肌をより良い状態に導きます。その顧客満足度を高めるため、お客様相談窓口を設置しています。毎月たくさんの意見が届き、それら全てが会社の財産となります。会社で共有される意見にはサロンの品質やスタッフの対応まで様々な内容が送られてくるのです。

神奈川県の川崎市にあるシーボンパビリオンは研修施設です。新入社員が半年間の間に4回、プロフェッショナルになるために必要な知識や技術を叩き込まれます。また、熟練の腕を持つスタッフであったも定期的に講習を繰り返します。これをブラッシュアップ講習と言い、このような取り組みが更なる満足度の向上に繋がるのです。