MMF投資の特徴や覚えておきたいことについて

MMF投資

近年、さまざまな商品があります。老後資金のために投資を始めると言う人も少なくありません。働き盛りの段階から行うことで豊かな老後に近づくと言えるからです。ただし、投資は簡単なものではありません。今回はMMF投資の特徴や費用、リスクなどについて紹介していきましょう。

MMF投資の特徴

基本的にこちらの商品は安全性を重視した資産内容で、市場金利に沿う安定した利回しを目指しています。他の商品では一定の預入期間がありますが、こちらの商品では基本的に出し入れ自由なので安心できます。

機能としては為替キャッチャーがあります。為替キャッチャーは希望の為替レートをあらかじめ設定しておくものです。為替キャッチャーを使うことで取引のタイミングを逃さないというメリットがあります。そのため、ありがちなパソコンの前に1日中張り付いていないといけないということを避けることができるのです。

MMF投資の費用について

利用する際に必要な費用はさまざまなものがあります。しかし、こちらの商品では申し込み時の手数料はかかりません。他の商品だと申し込み時に手数料がかかる場合がありますが、こちらではそれがないので費用を抑えることができます。

更に換金手数料や信託財産保留額もないのです。せっかく多くの利益が出ても手数料でたくさん持っていかれると意味がないです。しかし、それがないので比較的初心者向けの商品と言ってもいいでしょう。

ただし、管理報酬等は必要になってきます。年率の上限が0.91%となっていて、ファンド資産より控除されるようになっているのです。

MMF投資のリスクとは

こういった商品にはさまざまなリスクがあります。商品によってのリスクの違いもありますが、基本的には価格変動リスク、金利リスク、信用リスク、為替変動リスク、流動性リスクなど一般的な商品と同じリスクがあることを覚えておきましょう。

そのため、リスクを知らないまま行ってしまうと痛い目を見てしまいます。四六時中リスクのことを考える必要はありませんが、頭の隅にリスクのことを置いておかないと実際にその場面に遭遇した時に大変なことになってしまいます。リスクに関してはネットなどで詳しく調べておきましょう。先述したリスク以外にもさまざまなリスクがあるからです。

リスクは保険と同様にいつでもやってくるわけではありません。ですが、リスクのことを考えておかないと後々の対応も困ったことになってしまうのです。

老後のためにとこういったことを始めても、リスクなどを知らないと本末転倒になります。逆に調子がいい場合が続くと欲が出てくることもあるのです。しかし、常に成功だけがあるわけではないと考えておくようにしましょう。良い時もあれば悪い時もあるのです。商品によっては情勢に左右されることもあるので注意しなければいけません。何の目的で始めたことなのかを忘れないように、初心を持っておくことを覚えておいてください。